メインイメージ

リノベーションに適した物件

神奈川で購入するリノベーションに適した一戸建て物件

神奈川で一戸建て中古物件を購入しリノベーションを行う際には、たくさんの注意点がありますので仲介業者に物件の詳細を確認するなど、情報を確実に把握することが大切です。また可能であれば構造体などの現状を把握してから契約することも重要です。

 

中古の一戸建て住宅では、建物の特徴を把握する前に立地条件や土地に対する法律的な制約を確認する必要があります。

一戸建てのリノベーションでは、マンションとは異なり内部の改修工事と同時に外部の改修も行う場合が多くなります。準防火地域や防火地域などの指定がある場合には、大規模改修時に防火規定に適合させる必要があるため、費用が掛かり増しになります。

 

神奈川でも昔ながらの古い町並みが当然ありますが、その場合には土地に関わる法律も確認することが大切です。地方に行くと再建築不可物件はほとんど市場に出回りませんが、神奈川などの都会では再建築不可物件も市場に出回ることが多くなります。

 

再建築不可物件はリノベーションやリフォームを行う場合には特に問題はありませんが、建て替えができない物件となりますので、中古で一戸建てを購入しても建て替えができなければコストパフォーマンスが低くなってしまいます。

 

 

また土地の資産価値も低くなるため、安く購入できても売却時に苦労することになるのです。ですから法律に適合しない既存不適格建築物かどうかの確認は重要となるのです。

 

 

比較的新しい物件場合には、改修工事を行った後も長く住むことが可能ですが、将来的な不動産価値においては低くなってしまうのです。

 

 

再建築不可物件では前面道路との接道義務違反などが多い内容となりますが、接道義務違反は解決することがほぼ困難となりますので、中古の一戸建てを購入する際はリフォームなどの改修工事が前提でも注意する必要があるのです。リノベーションの費用は構造によっても異なりますし、劣化度によっても異なってきます。

 

特に木造住宅の場合には、構造体である木材に腐食や劣化があると補修や交換が必要になるため、改修工事にかかる費用が割高となってしまいます。

 

 

また木造は耐用年数が低いため、マンションなどの耐用年数が長い建物と同じようにはいきませんので、耐震補強が必要になる場合があるなど、改修工事を行っても掛けた費用の分だけ住み続けることができない場合があります。

ですから、一戸建ての中古物件を購入してリノベーションを計画する場合には、築年数や構造を重視して選ぶ必要があるのです。

もちろん神奈川で注文住宅を考えている方も方法はたくさん御座います。一からきれいな自宅を建てるのは大きな目標ですから、大いに賛成です。コストと夢の実現のバランスが何よりも重要でしょう。

最近の投稿