banner

必要な申請

家屋を解体する際に必要な申請

解体は家を壊すだけの工事ではありません。実は奥が深い分野なのです。家の大きさや土地の大きさ、木造か鉄筋かなどによって、方法は大きく変わってきます。その為、解体工事の際にはいつかの点に注意しないといけません。もっとも重要なのはいい業者を見つけることです。見分ける方法は、しっかりと現場を見に来る業者であることと、きちんとした見積もりを出してくる業者であることです。いい加減な業者は見学を行わないことが多く、アバウトな見積もりを出してきます。

そのようなところに依頼するときちんとした工事が行われない可能性があるだけでなく、追加料金がかかるような場合があります。また、可能な限り業者の背景を調べるようにしましょう。よく調べて信頼できる判断できたら依頼を行います。工事の際に重要なことのひとつに手続きがあります。必要な手続きには工事前の手続きとその後の手続きの2つがあります。順に説明していきます。まずは、解体工事前の手続きです。

必要な手続きには解体工事の届出、各ライフラインの停止、電化製品の処分、浄化槽の汲み取り依頼、井戸の処理を検討することなどがあります。解体工事の届出というのは、建設リサイクル法に基づく届出のことであり、延べ床面積が80平方メートルを越える家の場合には、工事の事前に解体の届出が必要になります。

これは自分で行う必要はなく、解体業者側に代理で行ってもらうことができます。しかし、重要な申請なので業者任せにするのではなく、本人も必要な手続きとして知っておくことが重要です。手続き後には工事が開始されますが、その前には近隣への挨拶を忘れないようにします。工事の際は大きな騒音がありますし、粉塵などで迷惑をかける可能性もあるためです。できれば業者と一緒に挨拶を行いましょう。

専門的な質問に対しても対応することが可能になります。解体工事終了後は、建物滅失登記という届出を行います。この届出によって法務局にある登記簿に登記されることになります。これは工事後1ヶ月以内に申請を行うことが義務となっており、申請を怠った場合には罰金として10万円以下を支払うことになるので注意が必要です。

1ヶ月という猶予はありますが、できれば工事完了後早めに登記をするのが得策です。その際に必要なものは、登記申請書、取り毀し証明書、解体業者の印鑑証明、解体業者の資格証明、住宅地図、登記申請書のコピーの一部です。参考にしてみてください。”

Copyright(c) 2016 解体工事をするときにしておく調査まとめ All Rights Reserved.