banner

補助金について

解体の際の補助金について

家屋の解体を行う場合、条件によっては補助金が出る場合があります。どのような場合がその対象となるのかと言うと、条件の詳細については各自治体によって制定されている内容が違う場合がありますが、周囲から危険であると判断される家屋が対象となります。ほか周囲の景観を阻害している建物や防火や防犯の上で不適切にあたる建物も対象に含まれる場合があります。

これは老朽化した廃屋の解体が助成の対象となり、1年以上使用されていない空き家であることや、現場の調査によって倒壊などの恐れがあると判断された場合などが補助の対象となります。また解体を依頼する対象者が各自治体への市民税の納税の滞納がないことなども補助の条件に含まれます。空き家であり戸建て住宅であることまたは建物全体に対して住宅部分が2分の1以上の割合を占めている建物、また長屋や共同住宅、併用住宅などで危険建物申請により危険建物と認定された建物が補助金の対象になります。所有者で言いますと建物の所有者またはその建物の法定相続人やその建物の土地を所有している人も対象となります。

補助金はいくらくらい出るのかというと、その額は各自治体によって違いがありますが定められている額としては、家屋解体に必要である経費の3割が補助されることになっています。その中でも限度額が上限30万円と定められています。これはたとえば解体の工事などにかかった必要経費が200万円だった場合、その3割というと60万円という計算になりますが、上限が30万円と決められていますので最大で30万円の補助となります。これが解体の必要経費が50万円だった場合ならそのうちの3割ということで15万円の補助ということになります。

補助金の交付にいたっては、廃屋解体の依頼を受けた所有者か法定相続人の立ち会いのもと現地調査が行われ、家屋の中に入るなどをして補助の対象となるかの調査を行います。家屋の状況は写真撮影され国土交通省の住宅の不良度の判定基準により評点がつけられ判断されます。この判定は外観だけの判断で倒壊の恐れがあるという判断は行わず、室内に入った際に畳をめくり床下の状況も調査して判断が行われます。この調査を経て不良住宅と判断された場合、申請書に必要事項を記入して仮受付を行います。その際に固定資産税の土地の評価の特例が通常の評価に戻ることなどの説明を行い、自治体の予算内で年間に交付が可能かの確認などが行われ、補助対象と決まった際に交付となります。”

Copyright(c) 2016 解体工事をするときにしておく調査まとめ All Rights Reserved.